カテゴリ: 転職/中途採用

image

1: 名無し 22/11/13(日) 21:17:43 ID:LdQd
2022年6月 新卒から約3年務めた工場の生産管理の仕事を辞めて医療機器のサービスエンジニアへ

2022年7月 社員が30~40連勤していることが判明して戦慄、再度転職活動を再開

2022年10月 同じサービスエンジニアの職を何社か受けるが、どこも連勤ヤバそうで絶望

現在 工場の生産管理に戻ろうと思うもそもそも希望する勤務地に工場が少ないため応募もできず、他の職種も検討中


さてどうしよう……
続きを読む

image

1: 風吹けば名無し 2022/11/09(水) 20:09:48.02 ID:h+dCphj40.net
400万→900万
残業もなくなった。この世はおかしいぞ
続きを読む

image

1: 2022/11/07(月) 08:56:03.00 ID:n47r//Cm0.net
経団連の影響力占う試金石、「中途」改め経験者採用呼びかけへ…消極的な印象払拭

経団連は、新卒者ではない従業員の採用で一般的に使われている「中途採用」という言葉の使用をやめ、「経験者採用」に統一するよう会員企業に呼びかける方針を固めた。「中途」が与える消極的な印象を払拭(ふっしょく)し、円滑な労働移動を促して経済の活性化につなげる狙いがある。

2023年春闘の経営側の交渉方針などを示す「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)の素案に盛り込んだ。まず来年から経団連の会員企業向けの書類やアンケートなどで「経験者採用」の表記に統一する。会員企業にも採用活動などでの使用を推奨する。

企業では、入社後の職務を明確にする「ジョブ型採用」など、採用方法が多様化している。経団連は、退職した元社員を採用する「カムバック採用」「アルムナイ採用」、社員から知人や友人を紹介してもらう「リファラル採用」などの活用も求める。

ただ、経団連が提唱した呼称が一般に広がるかは未知数だ。00年代に入ってからは「春闘」の使用をやめ、「春季労使交渉」と呼んでいるが、使用は一部にとどまる。「経験者採用」が定着するかどうかは、経団連の影響力を占う試金石にもなる。





https://news.yahoo.co.jp/articles/bb68ccb096bb08a1e9ca1948ae845e7230605db4
続きを読む

image

1: 風吹けば名無し 2022/10/26(水) 21:31:33.63 ID:+Hep0TeC0.net
経歴
現在3年目のSE
ヘルプデスク8か月
サーバー構築3か月
アプリ開発の要件定義6か月(議事録係などのサポート要員)
上記アプリ開発の続きで設計6か月
続きを読む

image

1: 風吹けば名無し 2022/10/14(金) 19:29:25.49 ID:IpTrF4QG0.net
うれしい😊
続きを読む

image

1: 風吹けば名無し 2022/10/10(月) 16:22:00.17 ID:ng2fJ3pE01010.net
ちなメーカー研究職
続きを読む

image

1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/10/07(金) 21:18:16.22 ID:j39rHFeM9.net
2022/10/03 05:00

政府が月末に策定する総合経済対策のうち、「新しい資本主義」にかかわる施策の概要がわかった。職務を明確にして専門性や能力を重視する「ジョブ型」雇用の普及に向け、仕事内容で賃金が決まる「職務給」の採用を促す。日本で長年続いてきた年功制の雇用形態からの移行を図る。

近く開かれる「新しい資本主義実現会議」(議長・岸田首相)で取りまとめる。

賃金について、日本企業では年功制の「職能給」を採用するケースが多い。中長期的に賃金水準を引き上げるため、働き方や給与形態を見直す姿勢を明確にする。成長分野に人材が移りやすくするため、副業を認める企業名を公表するほか、転職を積極的に受け入れる企業への支援を強化する。

こうした施策の具体的な進め方について、政府と経済界が来年6月までに指針を策定する。

日本経済の成長に向け、スタートアップ(新興企業)の育成にも力を入れる。起業を目指す若手人材を今後5年間で1000人、米国のニューヨークやシリコンバレーなどに派遣する。大学発の起業も促し、全ての国立大学から新規上場(IPO)を果たす企業が少なくとも1社は出てくることを目指す「1大学1IPO運動」を展開する。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20221003-OYT1T50001/
続きを読む

このページのトップヘ